乗り換えで新車を購入するとき

乗り換えで新車を購入するとき

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。

 

ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

 

手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車の車種や補修履歴などの状態によって、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。
買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。

 

 

現金を持ってディーラーに行き、下取りなしで車を購入。月々のローンを軽減することができました。ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。2005年から自動車の再資源化の推進のため、自動車リサイクル法が実施されていますよね。ですから、今現在利用されている殆どの車は車の購入時に自動車リサイクル料金を納めているのではないでしょうか。既にリサイクル料金を支払っている車両を買い取ってもらう際に、買取業者から購入時に支払ったリサイクル料金相当の金額が返ってくるのです。

 

 

この料金が、査定額とは別に渡されるのか、査定料の中にまとめられているのかを、しっかりと確認してから、売買契約を結ぶようにしてください。

 

未経験だと分からないかもしれませんが、車を買取業者に売るのはとても簡単です。
査定して金額に納得したら、その後は流れに乗るだけという感じです。中堅以上の買取業者なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、売主が必要書類を揃えておけば、あとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。売買に必要なものは、車検証、実印、印鑑証明書、自賠責保険証、自動車税の納税証明書(最新のもの)です。

 

結婚して姓が変わっていたり引越しで住所が違うと戸籍謄本や住民票などが必要になります。それから、車のキーも用意しておいてください。

 

ハイラックスサーフ買い取り 都内